今日で「書の部屋®️」7周年!&これからの書写書道教育

おかげさまで、今日で書の部屋®️7周年をむかえました!
生徒の皆さん、これまでご依頼いただいているお客様、
関わってくださっている方々、本当にありがとうございます!!

携帯ができて、メールが使われるようになった頃、
人々が文字をあまり書かなくなってきてしまい、
書写や書道の未来はどうなっていくのかと、
書写書道の価値や魅力を広めていくにはどうしたらいいのかと、
考え続けていました。
それも一つのきっかけで、「書の部屋®」を開業しました。

パソコンのおかげで、このブログもアップできて、ホームページも作れて、書道の仕事でも必須になっているため、とても感謝しています。
ただ、もし、インターネットでも、文章をパソコンで打つのではなく、手書きで書けれたらどんなに楽かなって、思っています。
打ち慣れている人は、書くより打つ方が楽だよって思われるかもしれません。

私が手書きの方が楽な理由に、日本語を打つのに、
例えば、「か」と書くのに、
「KA」と打たなければ、「か」にはならない、日本語なのに、アルファベットに変換して、日本語を表記する操作、ここに違和感があって、手書きの方が好きです。

もう一つは、手書き文字から伝わる波動。
活字の様々なフォントではどうしても限度があって、
手書き文字は素の人しか書けない、人間のもう一つの顔なんだと思います。

色々な人と関わっていく中で、手書き文字や書道の価値を感じる人がとても増えてきているのを、
本当に実感するようになりました。

また、子供達の小学校の書写教育も2020年から変わるのをご存じですか?

2020年から、小学一年生から、学校で筆を使った書写授業がスタートします!!
墨を使って書くのは、小学校三年生からですが、
小学校一年生から、全国の小学校で、筆で水書をする授業が始まります!

私自身、幼少期、水書シートを使って、筆で書いて遊んできたので、
筆で練習する導入には、本当に素晴らしい道具です^^

書の部屋でも、すでに開業当初から、幼児や、小学校低学年には、導入で、水書を取り入れいています!

学校教育現場の変化も、書写書道教育の価値がこれまで以上に高まってきている現れかと思いますので、嬉しいです^^

今月号の毛筆お手本です


(大人は一例で、色々な書体を学べます)

8年目が始まりました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

TEL.jpg